求人情報言語解説サイトの神髄とは?

求人情報を見ていて「え?この用語ってどういう意味なの?」と思うことあるのではないでしょうか。近年では数多くの求人サイトが世の中にあり、その文言一つ一つは統一されてきているそうですが、未だ統一されていないのが現状です。実際に求人広告を題している企業ですら、この言葉の違いをしっかりと理解できているのは全社員の80%に留まっており、残りの20%は理解できていない結果となっているのが現状です。会社ホームページ、採用サイトの作成なら『@company(アットカンパニー)』

ですから、あなたが言葉の意味がわからないのは至極当然であると私達は思います。例えば、下記に掲載するURLサイト( http://d-starjob.com/ )でも最近良く見ることが多くなってきている「中高年者歓迎求人」とありますが、これに対して転職者は「この企業は何歳くらいの人を求めているのだろうか?」と思い、転職を思いとどまることが多くあるそうです。数多く転職をしている人ですらこうした悩みを抱えています。この中高年者歓迎について近年では、40代から60代の中高年者を募集している求人についてこのような募集分が出てきているそうです。もし、あなたが46歳で転職をしようと考えているのであれば、ちょうど適齢年齢であることを確認することができます。このように、言葉の意味を理解した場合、応募できる枠が広がる可能性もあるのです。

次に、私達に「同じ企業が常に求人を出しているのはどういったことなのだろうか?この企業は世間で言われているような『ブラック企業』と言うものではないだろうか?」という意見を頂くことがあります。これに対しても、実際にその現場がどのような状況でどんな事が起きていないからこそこのような不安抱く事があるのだと私達は思っています。

人がなかなか集まらない。それが決してブラック企業ではないのです。一部の転職経験者が「入ってもすぐに辞めていく人が多いのが原因だ。」「入ってもすぐに辞めていく人が多いから、そこはブラック企業だ」と言っていますが、そのようなことを信じて勝手に決め付けるということは自分の人生もダメにしかねないのです。人が不足している現場をもっと知ってほしいのです。そこから得られるものはたくさんあります。私達はこうした企業のことについて詳しく解説していきます。そうしたことで転職者の心の不安や悩むことについても解決することができてくるのではないのではないでしょうか。私達はそうした求職者の不安を取り除くことによってより強い雇用の促進を狙い、日本経済を更に発展できるようにすることが私達の思いです。